スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪公演も決定!!

福岡・東京に続き、大阪公演も決定いたしました!!

月21日(木)

18:30 open / 19:00 start

会場:梅田Shangri-La
リンクはこちら
(〒531-0075 大阪市北区大淀南1-1-14 )

料金 \ 2500(税込/ドリンク代別\500 )  

チケット発売日:2月2日(土)~ Shangri-La WEB または ローソンチケット(L-コード58792)

問い合わせ:Shangri-La (tel:06-6343-8601 / mail: info@shan-gri-la.jp)


こちらクリックお願いします★
スポンサーサイト

福岡公演も決定!!!

東京に続き、オールド・マン・リバーの福岡でのライヴ
決定致しました!

2月20日(水)

会場:ROOMS
open 18:30 / start 19:00 

¥2,500(税込/オールスタンディング/1ドリンク¥500別)

チケット発売日:2月2日(土)~ぴあ 

お問い合わせ㈱BMG JAPAN092-482-1314

たくさんのご来場、お待ちしています♪

こちらクリックお願いします★

「星の王子様」になったオールド・マン・リバー

今週待望のデビュー・アルバム『グッド・モーニング』
リリースとなり
そして2月の来日公演も発表!
とにかく今とっても盛り上がってオールド・マン・リバーです♪
まだCDを持ってない方、
今週末はCDストアにぜひGOGOGO!!!してくださーい♪
 
さて、週末。
ああ、金曜日。
金曜日って本当にうれしいですね。
土曜日は“起きたときが起きる時”。
これ以上すてきなことはありません・・。
こどもの頃からその気持は変わりません。
 
そんな子供のころからの純粋な(?)気持をも続けるすべての人に
捧げるステキな本「星の王子さま」。
 
今日は、「オールド・マン・リバーがオススメする本」第2弾!で、
ご推薦いただいた本は
サン・テグジュペリの「星の王子さま」
オールド・マン・リバーはこう話してくれました。
 
「本当に魔法のように不思議で素晴らしい本です。ある夜に、甥っ子にこの本を読んであげあげたんだけど、子どもにも大人にも、同じぐらいこの本は訴えるものがあるんだなと思って、驚きました。この本も(「シッダールタ」と同じように)、旅のお話し。ある純心な心を持った王子がいろいろな世界を旅する中で、たくさんの出会いを経験します。彼が出会う登場キャラクターたちは、僕たち人間ひとりひとりを象徴するキャラクターとなっています。そして王子さを通し、心の純真や純粋を求める僕たちの気持ちを表しています。」
 
心の純心さ・・。
ああ、尊い言葉です。
人生は旅であり、その旅の中でいろいろな人とめぐり会うけれど、
大切なものはやっぱり“心の純心さ”、
ってことでしょうか。
川やら旅やら、すべて人生の哲学に結びつくのですね。
 
さて、そんな「星の王子さま」を愛するオールド・マン・リバーより、
きらきら星空バックのすてきな動画メッセージが届きました!
何がすてきって、今回はちゃんとした?英語です!!
こちらを↓ごらんください!
 
 
「オールド・マン・リバーです。2月に日本に行きます!みんなに日本で会うのを楽しみにしてます!」
 
まるでオールド・マン・リバーが星の王子さまみたいですね♪
っつかー、ヘアスタイルも似てるな。
星の王子さま
サン・テグジュペリ著
「星の王子さま」
集英社刊
定価:1260円(税込)
 
ではまた最後に英語の原文を添付しておきまーす。
 
The Little Prince by Saint-Exupery

what a magical book. I was reading it the other night as a bed time story for my little niece and was amazed by how relevant this book is to grown ups and kids alike. again a book describing a journey of the pure little prince through the different worlds where he encounters strange characters. and those characters symbolize each and every one of us and the little prince symbolizes our yearning for simplicity and innocence.
 
それではみなさま、
すてきな週末を!!


こちらクリックお願いします★

オールド・マン・リバー、緊急来日公演が決定!!

昨日オールド・マン・リバーから
少々謎めいたニホンゴで、
“もうすぐ日本に行きます!”
というメッセージが届いたばかりですが、
なんとなんとっ!!!
来日公演が決定しちゃいましたーーーっつ!!!
 
219日(火)原宿アストロホール
(ニュー・ブラッド vol.59
チケット発売日は2/2(土)から!!!
<問>クリエイティブマン 0334626969
 
早くもみんなで一緒に歌う
ラララ~ラララ♪ラァ~♪の
大合唱が聴こえるようです!!
本当に本当に多幸感に満ち溢れたライブになります。
(シドニーで実際ライブを体験しましたが、
それはそれは素晴らしいライブでした。。!!!)
 
今回は、
とってもスペシャルなアコースティックセットでのライブになりますヨ!!
ゼッタイ見に来てくださいねっ!コアラも待ってます!(いや、ウソです、ごめんなさい、コアラは待ってません。)
 
ちなみに!ですが、
オーストラリアでのライブの様子はこんな感じ♪
 
シドニーライブ
 
楽しそうですね♪(バンドが埋もれちゃってますね。)
 
さぁ、みんなも一緒に、川で泳ごう!ラララを大合唱しよう!!


こちらクリックお願いします★

本日発売!!!そして日本語の動画メッセージ到着!!

めでたくオールド・マン・リバー待望のデビューアルバム
『グッド・モーニング』が本日発売日を迎えました!!わーい!!
(東京は雪がしんしんと降ってますが)
ぜひお近くのCDストアへ足をお運びください!!!

さて、「ラララーみんなのうた」が日本で総合ラジオ・オンエア・チャートで1位!!!そして、洋楽ラジオ・オンエア・チャート2週連続1位の情報を聞いて、
オールド・マン・リバーより日本語で“ありがとう”のメッセージが届きました!!!
なんと、シドニーで近所の和食レストランにわざわざ赴き
店員さんを捕まえて
“このエイゴをニホンゴに訳してクダサイ”
と懇願し、
そのニホンゴを一生懸命覚えて、トライしてくれました!!
そのメッセージがこちらですっ!!
 
 
ううう、なんと、けな気・・(涙)
そして、なんとも惜しい日本語・・・(違うイミで涙)
 
おそらく英語の大元のメッセージは、
こうでないかと思われます↓
 
Hi everyone, I am Old Man River!
Thank you for your SUPPORT for me,
and I am looking forward to coming to Japan soon!
Peace and Love…”
 
このサポートという言葉が、うっかり
 “助けてくれてありがとう”
になってしまったに違いありません。
川で溺れかけたところを助けられたワケじゃないんだからっ!・・・
って感じですが、
一生懸命なので、大目にみてあげてくださいませ。。
 
さらに、
coming to Japan
“来るのを楽しみにしています”
となっていますが、
 “日本へ行くのを楽しみにしています”
のマチガイですぅ。。(惜しいなぁああああ)
 
ということで、
オールド・マン・リバー、
長い川を渡っていよいよ日本にやってくるのかっ!!!!????
詳細は近日明らかに!!!


こちらクリックお願いします★

オールド・マン・リバーとシッダールタ

オールド・マン・リバーのデビュー・アルバム『グッド・モーニング』
いよいよ今週水曜日123日に発売でっす!
現在ラジオ洋楽オンエア・チャート1となっている
デビュー・シングル「ラララーみんなのうた」の
着うた(R)は、絶賛配信中~!
みんなのケイタイもラララ♪ハッピーにしちゃいましょー!!
 
さて、先日のダライ・ラマに続き、
オールド・マン・リバー仏教的観念思想の旅・第2!!!は、
シッダールタ
 
ご存知の通り、お釈迦様の本名はゴーダマ・シッタールタですが、
オールド・マン・リバーが本日紹介してくれるのは、
ドイツの文豪へルマン・ヘッセ著の小説「シッダールタ」です。
 
「この素晴らしい本を最初に僕が読んだのは14のころ。
それ以来、何度も繰り返し読んでいます。
読み返すたびに、発見があるのです。
インドに生まれた主人公の青年(シッダールタ)は親元を離れ、
生きることの意味を追求するために旅に出ます。
長く続く旅の中で、彼は新たなる経験を多く重ね、
いつしか、常に変わり続けてゆく自分に気づくのです。
本当に深い叡智がつまった本です。
また僕自身、この小説を読んで、
 “(人生も)川も常に流れ、変わり続けてゆく”という
メッセージにとても感銘を受けて、
僕のプロジェクトの名前に“川”を入れることに決めました。」
 
おお、深い、深いですっ!
少々追加で説明しますと、
主人公シッダールタは、人生の意味を求めて、長い長い旅を続けます。
やがてひとつの悠然と流れる大きな川にぶち当った主人公は、
そこに“人生とは何か”を悟るのです。
 
そんなフレーズを聞くと
美空ひばりさんの名曲“川の流れのように”
思わず思い出しますねー。
さらには、学生の頃に習った
鴨長明の「方丈記
ゆく河の流れは絶えずして
    しかも もとの水にあらず
 
ああ、ふ、深い、深すぎる!
「川」って、深いんですねぇ~。
川が、こんなにも「諸行無常」
あるいは「レット・イット・ビー」なことを
訴えているとは、知りませんでした。
 
ちなみに、読書好きのオールド・マン・リバーより、
あともう2冊オススメ・コメントが届いてます!
それはまた明日以降、こちらのブログで紹介しますので
お楽しみに!!
 
以下、オールド・マン・リバーからのコメント原文でーす♪
Siddhartha by Herman Hesse -

I picked this amazing book for the first time when I was 14 and read it since many times and every time I come back to it it is still so relevant. this book describes the journey of a young Indian leaving his parents home in search of meaning. the journey is long and along the way he experiences many new experiences and finds that he keeps changing all the time. there is deep wisdom in this book and I actually adopted the symbol of the constantly changing river taken from this book when I chose to name my project Old Man River.


ヘッセ本(2)

ヘルマン・ヘッセ/著 高橋健二/訳
新潮文庫

こちらクリックお願いします★

ダライ・ラマとオールド・マン・リバー

もう1月も半分すぎちゃいました。早いものです。
さて、先週のブログで
“オールド・マン・リバーの仏教的観念を今後ご紹介します”
とお伝えしましたが、
本日はその第一弾で、
ダライ・ラマ。
彼の教えにはとても共感することも多いらしく
尊敬している方のひとりだそうです。
そんな憧れのダライ・ラマ本人になんとご対面!!
OMRwithダライラマ
(おそろいのマフラー?袈裟?がステキです。)
 
去年行われた“One Earth Concert”にオールド・マン・リバーが出演した際、
そのコンサートに登場したダライ・ラマが
アーティストのバックステージにもやってきて、
なんとオールド・マン・リバーを見て
“ナイス・ヘアー・スタイルーー、Ha-ha-ha!”と
ヘア・スタイルを褒められ
うっかり?ちょっと感涙したそうです。(よかったね~)
 
ところで、現在のダライ・ラマは14世。
ご本名は
テンジン・ギャツォ
なんと2歳のときに
ダライ・ラマ13世の転生と認められたそうです。
(すっげー。)

こちらクリックお願いします★

祝!!!ラジオで1位!!!

オールド・マン・リバーのデビュー・シングル
「ラララーみんなのうた」
なんと洋楽ラジオ・オンエア・チャート1!!!!!!
116日付ミュージック&メディア調べ)
全国で大・大・大ヒット中です!!!!
 
さらになんと、
オールド・マン・リバー本人から(よーやく?)
日本のファンのみなさまへのご挨拶が届きました!!!
 
I wish all my fans in japan a very happy new year may it be filled with love, joy, peace and good health.
Thank you for all your support and I hope to come visit soon.

Peace
Love
Ohad
Old Man River
 
訳)日本のファンのみなさん、あけましておめでとうございます。
みんなのこの1年が、
愛と喜びと平和と健康に
満ち溢れたものにあるようお祈りしてます。
いつも応援してくれてありがとう、
早く日本に行くのを楽しみにしてます!
  ピース、ラヴ
  オーハド(オールド・マン・リバー)


こちらクリックお願いします★

パワー・プレイを全国ラジオ局28局で獲得!!

1/23にいよいよアルバム『グッド・モーニング』が発売されるオールド・マン・リバー!!
「ラララ-みんなのうた」が現在28局絶賛POWER PLAY獲得中!!!!ラララ~♪で日本全国盛り上がってます!!!
1) DATE FM1月度パワー・プレイ
2) Cross FM  1月度HEAVY ROTATION
3) Tokyo FM 1月度セレクション
4) FM栃木(Radio Berry) 1月度B-HOT
6)FM長野 1月度パワープレイ
7) FM群馬 1月度パワープレイ
8)FM PORT 1月度パワープレイ
9) FM大分 1月度 洋楽パワープレイ
10)FM熊本 1月度 POWER WAVE
11) ニッポン放送 1月度 洋楽イチ押し曲
12) Kiss FM 1月度HOTRAXX
13)広島FM 1月度VIBE ON WORLD!
14)E radio 1月度HOT STUFF
15)レディオキューブFM三重 1月度POWER PLAY
16) FM 鹿児島 1月度Bran'μ Song(ブランミューソング)
17) FM 長崎 1月度 SMILE CUTS
18) FM802 1月度HEAVY ROTATION
19)FM山口 1月度PUSH ONE
20) FM宮崎 1月度 POWER PLAY
21)FMとやま 1月度パワープレイ
22)FM岩手 1月度Reputation Cuts!
23) FM青森 1月度Recommend!
24) FM岡山 1月度Slap Shot
25)FM佐賀 1月度 FMS Hyper Play
26) エフエム石川 1月度MUSIC PICK UP
27)FM高知 1月度 Hi-Six Monthly Power Play
28) NACK5 1月後期パワー・プレイ

こちらクリックお願いします★

タスマニアでお正月休み

なーんと今年はゴールデン・グローブ授賞式中止なんだそうですねー、びっくり。
なんでも脚本家がストライキを起こしていて、賞に出席しないよう俳優陣に呼びかけたとか。
数年前にもこんなことありました。
でも“脚本家が脚本を書かない”苦境の中、
テレビ界では“脚本不要のリアリティ番組”が急速に発展した、
なんていう、本当のようなウソのような話をきいたことがあります。
ホントだとしたら、スゴイ話っすよねー。
 
さて、楽しかったお正月休み・冬休みも終わり
今週から新しい年のお仕事初め・勉強初め?に
追われている方も多い今日この頃って感じでしょうか。
このお休みを海外でゆっくり過ごされた方も多いと思いますが、
なんとオールド・マン・リバーはタスマニア
で短いながらも充実した冬休みを(あ、南半球だから、夏休みね!)
過ごしたそうですー。
しかも“ディープ・タスマニア”で過ごした、ということなので、
電気も水道も通ってないような秘境の地ホリデーだったんでしょーか。
そこで俗世からザッツ離脱した僧侶のような生活を送っていたのでしょーか。
考えすぎか?
 
・・・いや、でもあり得る。
なぜならオールド・マン・リバーくんは
インドを愛し、
ヘルマン・ヘッセ著の『シッダールタ』を愛し、
ダライ・ラマをもとても敬愛しているそうなのです。
 
そんなオールド・マン・リバーの
仏教的観念思想について
次回ちょいと詳しくお伝えしま~す!!


こちらクリックお願いします★

2008年もヨロシクお願いします♪

みなさま♪
あけましておめでとうございます!!!
2008年もオールド・マン・リバー・ブログをぜひ宜しくお願いします!
新しい年が、皆様にとって
ラララ♪ハッピーな年でありますようお祈り申し上げます♪

さてさて、お正月。
特になーんにもしないで、ひたすら食べてます、ギャル曽根バリに。
で、普段は食べないような、イクラとかカズノコとかひたすら食べた挙句に
大量のカニを食べたんです。
そしたらもう“お見事!”なまでの
ジンマシンで、もうかゆくて大変です。
みなさんも海のモノの食べすぎには
十分ご注意ください。

さーて、
海のモノといえば
クジラ!
オールド・マン・リバーのCDには、
クジラのオリガミが入ってるんです!
(アレルギーの話は、クジラつなげるための、でっちあげじゃぁないです、
ホントの話なんですーーー泣)。


で、なぜ“クジラか?っていうことについては
深~いワケがあるんです。
オールド・マン・リバー曰く、
“ジョゼフ・キャンベルという有名な神話学者がいるんだけれど
その学者が書いた小説の中にクジラが登場する物語がある。
主人公はクジラに呑み込まれ、
その胃の中で怯えるが、やがて吐き出されて助かる。
話はそれだけ。
でもそこには深い意味がある。
海の上は意識上。なぜなら光の中で見ることが出来るから。
でも海の中は無意識。水の中にあるものは、見えないから未知のものだ。
海に行ったときにそういう経験があるだろう、
“うわー、海の中に何かいるけれど見えない!”という恐怖。
つまり未知のものには常に脅威を感じる。なぜなら分からないからだ。
キャンベルがいうには、
クジラが象徴するのは、
生きることにおける最大の無意識な部分
なんだ。

えーっとぉ、なんだかちょっと難しいケレど、
クジラにもかなり形而上的な意味を見出している模様、ですぅ。
ふっかーいですよねぇー(感心感心)

このお話しに興味がある方は
ぜひジョゼフ・キャンベルの本、読んでみてくださいネっ。


こちらクリックお願いします★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。