スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タスマニアでお正月休み

なーんと今年はゴールデン・グローブ授賞式中止なんだそうですねー、びっくり。
なんでも脚本家がストライキを起こしていて、賞に出席しないよう俳優陣に呼びかけたとか。
数年前にもこんなことありました。
でも“脚本家が脚本を書かない”苦境の中、
テレビ界では“脚本不要のリアリティ番組”が急速に発展した、
なんていう、本当のようなウソのような話をきいたことがあります。
ホントだとしたら、スゴイ話っすよねー。
 
さて、楽しかったお正月休み・冬休みも終わり
今週から新しい年のお仕事初め・勉強初め?に
追われている方も多い今日この頃って感じでしょうか。
このお休みを海外でゆっくり過ごされた方も多いと思いますが、
なんとオールド・マン・リバーはタスマニア
で短いながらも充実した冬休みを(あ、南半球だから、夏休みね!)
過ごしたそうですー。
しかも“ディープ・タスマニア”で過ごした、ということなので、
電気も水道も通ってないような秘境の地ホリデーだったんでしょーか。
そこで俗世からザッツ離脱した僧侶のような生活を送っていたのでしょーか。
考えすぎか?
 
・・・いや、でもあり得る。
なぜならオールド・マン・リバーくんは
インドを愛し、
ヘルマン・ヘッセ著の『シッダールタ』を愛し、
ダライ・ラマをもとても敬愛しているそうなのです。
 
そんなオールド・マン・リバーの
仏教的観念思想について
次回ちょいと詳しくお伝えしま~す!!


こちらクリックお願いします★
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。